本瓦葺乾式SS工法は、平瓦の両側の上下に丸瓦固定用棒材及び縦桟木を配設して平瓦を挟み固定すると共に、丸瓦用棒材に丸瓦をビス止めし、平瓦と丸瓦の固定を強固にする画期的な工法であり、丸瓦がずれ落ちたり吹き落とされることがありません。
従来の本瓦葺の美的意匠を全く損なうことなく、さらには並列した丸瓦の美しい曲線または直線を提供します
土・漆喰等の配設作業を必要とせず、また養生期間(乾燥期間)も必要としないため工期の短縮化が図れます
丸瓦下が芯材が入り乾式なので棟施工時の瓦の積み上げ、踏み歩き等の外力による平瓦のズレ、また丸瓦の形態の崩れを長時間防止できる構造的強度を備えています
完全乾式構造であるため通気性が備わり、結露等によって生じる屋根の構造部材の劣化を防止できます
土・漆喰等の固定材を使用しないので、屋根が軽量化でき耐震性にすぐれています

本瓦葺乾式SS工法の詳細は、Link ページをご覧ください。


瓦滝工業INDEX / 瓦の泰泉INDEX / 会社案内 / Link / E-mail